ローンで買った車は借り物

ローンで買った車は自分の物ではないの?

自動車ディーラーや中古車店などで車を購入するときに、現金で購入するかローンで購入するかという選択肢を求められる時があります。

 

購入予算があるときはもちろん現金で購入するわけですが、手持ちが全くない、あるいは金額に足りないという時は購入ローンを組むことになります。

 

ただ、「ローンを組んで返済能力があれば車が買える」という事で安易にローンを組むことはやめたほうがいいでしょう。

 

ローン組めば当然のごとく毎月あるいはボーナスごとに支払いをしなければならないのでその心配もありますが、それ以外にもその車は自分の車ではないという事を意識したほうがいいでしょう。

 

その車の本当の持ち主はローン会社などの金融機関で、その車を購入した方は車を借りて乗っている状態になるという事なのです。

 

借り物ほど怖いものはありません。自分がお金を払っているからといって手荒な扱いをしてしまうと、それすなわちローン会社の車を手荒に扱っているのと同じなのです。

 

車としての価値を下げる様な行為は、絶対に行ってはなりません。ヒトの車を借りている意識があれば、おのずと車を大切に扱い、結果的に車を売るときの金額が高まるという事になります。

 

金額が高ければローン残債しても大きな負担は避けられるのです。買う時から売るときのことを考えるというのもなんですが、ローンで買った車は自分のものではないという意識を持った方が、それ以外にもメリットはあるはずです。