銀行や消費者金融のローン

銀行や消費者金融のローン

車を買う時にローンを組めるのは何もディーラーや中古車店で扱っている自動車ローンだけではありません。

 

銀行や消費者金融などでも自動車ローンや目的や担保のいらないローンがあるのです。

 

消費者金融などでのローンは倫理的にも金利的にもかなりリスクが高いのですが、きちんとした金融機関である銀行のローンを使うというのはどうでしょうか?

 

銀行でのマイカーローンなるものを使うには少し審査が厳しいのですが、その審査を通ってしまえばディーラーなどで取り扱ってるローンよりも金利が安く、金銭的に有利に働くのです。

 

更に大きなメリットとして、名義が自分になるという事です。

 

通常ディーラーなどの自動車ローンは名義を担保にしてお金を借りるわけですから当然名義は、自動車ディーラーやローン会社となるのです。

 

しかし、銀行のマイカーローンなどは、担保がいらないところがほとんどですので、当然名義は購入した方になるという事なのです。

 

名義が自分であるというのは当然のことのように思ってしまいますが、道路を走っている車のほとんどは他人名義の車を借りて乗っていることとなり、車を売るときでも勝手に売ることはできません。

 

名義が自分であればどこで売ろうが名義人の勝手ですので、必要なければ簡単に売りことができるのです。

 

もちろんローンは残りますので、買取金額で補てんするか、車が無くても払い続けるという事になります。