新たなローンを組んで完済

残債ローンがある車はローンを完済しないと買取業者などに買い取ってもらえませんが、最近の買取店では残債があってもそれを一時的にクリアして買い取ってくれるようになりました。

 

全ての買取業者がこのようなことをしてくれるわけではありませんが、インターネットにある無料一括査定サイトなどに参加している大手買取業者であればほとんどこういったことをやってくれます。

 

クリアにする条件は2つ、必ずその店舗で車を買取ってもらう事、そしてもう1つ、新たにローンを組むことです。

 

このローンは買い取ってもらいたい車のローンを一括で支払うためのローンで、いわばローンを返済するのにローンを組むという事になります。

 

その時の名義は新たに組んだローン会社ではなく、自分自身となるそれによって売買が可能になるのですが、名義が新しいローン会社ではないという事は、ローンに対する担保がないという事になるのです。

 

一般的に担保のない借金というのは担保アリと比べてリスクが高いためにそのリスク分として利息が高くなるというのが相場です。

 

このいわゆる残債ローンもそれにもれず、今まで支払っていた自動車ローンよりも高い利息を支払うことになります。

 

感覚的には、車を売ってもその車のローンを支払い続けている様な形になり、あまりメリットはなさそうですが、毎年来る自動車税や車検費用などからは免れることができます。